転職活動のやり方 ~転職を考える人が最初にやるべき3つのこと~

エンジニア

この記事は、ある程度社会経験を重ねた人向けに作っています。

転職に悩んでいる人も含め、転職を考え始めたら以下3つをやっておきたいです。

本ページでは以下3つの目次で解説を行います。 
  1. 転職の動機と転職先に求めることの明確化
  2. 転職エージェントサイト登録
  3. 自己分析

 

1.転職の動機と要求の明確化

転職に身を乗り出したなら、転職支援会社(転職エージェント)の面談やその後の企業面談で、動機は必ず聞かれます。 なぜなら、転職にて達成する目的が分からなければ提案ができないからです。

何故聞くのか、その根拠としては、中途で雇う人を面談には、コストがかかり 転職希望者の要求が何かを理解するためです。 面談してくれる側の立場を考えてみると想像できると考えます。

なので、最低限次の2つを明確にする必要があります。

 

①転職の動機

 

まずはなんでもよいです、自分にとって何が理由で転職をしたいのか 明確化し、エージェント会社に相談して仕上げればよいです。 転職エージェントは、個人にお金がかかりませんので使わない理由はないです。

ありがちな動機はこんなところでしょうか。 ・もっと給料がもらいたい ・やりたい業務と内容が違った ・自分のキャリアパスをもっと広げたい ・もっと大きな仕事がしたい ・ 等々・・・

 とても重要なことを書きます。本音はネガティブな理由でかまいませんが、アピールの仕方は工夫して、前向きな説明をできるようにしましょう。何より本音をまず吐き出しましょう。

そのうえで、面接、面談までにどうポジティブに考えるかを考えてみましょう。ポジティブに考える理由は、言うまでもありませんが、ネガティブな人と仕事をしたい人はいないからです。それでも、考えられない場合は、まずエージェント会社にその旨を正直に話せるよう、まず整理しましょう。今は悩んでいても大丈夫です。話せば大抵のことは自他ともに整理されていくものです。

 

②転職先に求めること

自分がやりたいこと、やりたくないことは明確にしよう。

依頼される側もなぜ?何?が分からないこと、実のある提案はできません。 しかし、この段階では、まだ具体的でなくてもよいです。 多少抽象的でも、自分のなかでなんとなくでも求めることを2つ~3つぐらいまで絞ってみてください。 それで後はエージェント会社の人がうまく引き出してもらいましょう。

 

 

2.転職エージェントサイト登録

読んで字がごとくですが、転職エージェント会社への登録しておきましょう。筆者の場合は、DOD〇を主軸に活動しました。理由は、行きたい企業の募集がそこにあったからでした。

エージェントによって、公開している情報、非公開の情報が異なるので、登録自体は2つぐらい登録するのはよいかなと思います。特別な理由(フリーランス化など) がない限りは、転職エージェントサイトを使った方が メリットがあるからです。超短縮説明すると、お金の流れに起因します。

 

3.自己分析

結構数多くの人が苦手だと思いますが、これは是非やってください。 むしろ、新卒よりも転職組の方が必須度があがります。 自己分析を行い、履歴書や面談で押させておきたいことは、次の3つです。

①自分が会社にとって有益な人材であることを示す ②転職理由に対する努力実績を示す ③新卒と違って将来どうなりたいか、将来どうなってたいか示す

 

 

①自分が会社にとって有益な人材であることを示す

自分の特技は何であるか、何で御社に対して何ができるのでメリットがあるかをアピールできます。みんな転職活動がどういうことか理解して活動されてますでしょうか?

簡単に言うと、「自分という商品を企業に対して売り込みに行く」ということです。

自分という商品を売る以上、嘘はついてはいけませんし、自分にできないことをできると言ってもいけません。アピールの仕方については、別途記事を書きますので、別記事にご期待ください。

 

②転職理由に対する努力実績を示す

何かしらの問題、不満があっての転職を希望する人が大抵だと思います。 その不満に対して自分が実行した努力および結果はほしいです。ねだるだけの相手では、結局受動的な働き方になるので、付加価値の高い人材と判断されにくいです。

 

意外と皆さんご存じないのですが、転職先の必須要件はすべてを満たす必要はありません。「すべての要件を満たす人が、その会社に都合よくアピールしてくれるなら私も毎回人探しで苦労しませんでした。」

実際、人材派遣やってる側でもないですが、人が必要なので面談する機会はあります。履歴書、職務経歴書見てきました。「募集した条件で、複数の要件を満たす人はほぼでてきませんでした。」出てきても、単価がとても高いです。それで外れ要員だったときは目もあてられません。

何度も面談してきましたが、必須要件0、推奨要件だけで突撃してくる人もいるぐらいで、必須要件全て揃った人が居れば、逆に疑うぐらいで全然よいです。

 

③新卒と違って将来どうなりたいか 将来どうなってたいかを求められる

 特に重要です。何故なら、転職する人本人が、自分自身のロードマップを作れていない状態では、企業側もいざ採用したところで、自分で目標を立てられていない人を育てたり支援するのはパワーが必要だからです。ここで落とされてはもったいないので、きちんと目標を定めましょう。 明確にXX年後でなくても、いつまでに、どうなるが提示できればよいです。明確に自分の中でビジョンを持つ、自分の就職、転職の設計ができていることが、転職活動においては重要です。

 

4.まとめ

上述した、以下3点が転職に必要となってきます。

  1. 転職の動機と要求の明確化
  2. 転職エージェントサイト登録
  3. 自己分析

後述することとした、エージェントサイト登録の理由はとても簡単は話です。転職成功して正規社員としてクラスチェンジするまで、大抵の企業では お試し雇用期間というのがあります。 しかし、転職エージェントを使用した場合は正規社員へとクラスチェンジする確率が高いです。

それは、企業は成約報酬という形で、エージェント会社に報酬として支払う仕組みがあるためです。(すべてのエージェント会社がそうではないかもしれませんが)

面接官も暇ではありません。お金が発生するので、たくさんの全く箸にも棒にも掛からない人が申し込んできても、無駄なコストがかかります。それならエージェント会社で、ある程度要件や、スキル、現在の年収や職歴を判断してもらった方が、企業としても無駄なコストを抑えられるので、合理的であると判断されるわけです。

つまり、企業の心理はこうなります。  ・中途採用費用をエージェント会社に支払い済み ・面接コストをかけて、一定の会社評価を行っている

一方で、転職者の心理はこうなります。  ・エージェント会社に事前に相談ができる ・エージェント会社を通すことで、試用期間のリスクを低減できる ※当然ですが、保証されているものではございません。

このため、エージェント会社を使った方が、転職ユーザにとっても企業にとっても有利なのです。

 

転職を考えてない人も、一度腕試しと思ってやってみると自分の現在の実力を測ることができるのではないでしょうか。このご時世です、そのまま転職してしまってはいかがでしょうか。ちなみに私自身が転職活動するために、このサイトを立ち上げて調べたものです。 お世辞にも、質が高いとは言えませんが、転職する方の手助けになっていれば幸いです。

5.おまけ

私が最初やった時は、企業の歯車として働いていた社畜SEが、世の中でどの程度通用するのか、あわよくばその時の条件にマッチすれば転職しようと思って活動した時にやったことor反省して次回自分が転職活動を実施する際に振り返るために実施したものとなります。

前回の私は、今の自分の会社よりも処遇がよい会社に事実上内定はしてましたが、今の会社、人間関係をすべて捨てて他の会社に転職することの勇気が出ませんでした。(当時はエージェント会社と転職先のお金の関係も知りませんでしたし)当時のプロジェクトに迷惑かけたくない思いもあって、転職のタイミングを逃しました。

今は後悔している面が多いですが、留まったことで学べたことも多数ありました。必ずしも転職をお勧めするわけではありません。ただし、今の時代、終身雇用が破綻しているこの状況で、一つの企業に留まる意味は、もはやないと言っても過言ではありません。若いうち、身動きが取れない年齢になる前に、上司が嫌だからとか、そういった理由ではなく、自分にあったキャリアをもっと積みたい、もっとビジネスに積極的にかかわりたいといった、攻めの若手の手助けになればと考えています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました